プロのノウハウ

2017-01-12
花嫁のドレスがずれる理由NO.1を知っていますか?

ブライトブライズのサイトにようこそ!

結婚式に“安心”“キレイ”をプラスしたい花嫁レッスン講師の島津です。
新郎新婦さまが大満足の結婚式を挙げていただきたいとの想いで
本日も、日頃の経験からの気付きを元にお役立ち情報として
綴りますので、お付き合い宜しくお願いいたします。

結婚式で、ドレスの胸元が気になる花嫁さまは多いはず
挙式直前にドレスサロンに「最終フィッティング」に出向き
きっちりとサイズ確認をしたはずなのにドレスが下がってしまう
これ実は結婚式あるあるなのです。
披露宴会場がじゅうたん敷きなら、なおさら、裾さばきが難しい!?

さて、ここではドレス自体の不具合(サイズが合ってないなど)のことは置いておいて…ですね
立ち居振る舞いによりドレスがずれることについて
気付きとアドバイスをご提供しましょうね。

気付いてほしいこと…それは

ドレスを踏むのは自分自身だけではない!!!と言うこと
ドレスのサイズの不具合(歩くとドレスの重みで下がるなど)もあるのですが
実は…
新郎さまがドレスを踏むことによりドレスが下がる!!!
これを見逃さないでほしいのです。ホント多いですからね(苦笑)

でも、私は「新郎さまが悪いわけではない」
そんな風に思うシーンを多数、目撃しています。

「腕組みをして歩く」これは新郎新婦テッパンのスタイルですよね。
ほぼ、歩く時は、ふたり一緒ですし腕組みをなさってます。

新郎さまが歩きづらい・ドレスを踏んでしまう…この原因…
それは、花嫁さまの新郎さまへの腕のかけ方に問題があるのです。

がっつりと、しがみつくのはNG あくまでも軽くかけましょう。

しがみつきたくなる気持ちもわからなくはないです^^
着慣れないロングドレスに履きなれないハイヒールですと
歩くの不安です。そこで、新郎さまの腕を杖にするのですよね。
杖をしっかり持つことで安心なのかもしれません。

でも、実際は、安心どころか歩きづらくなるのです。

ポイントは適度な距離感を取れるか…なのですが
程度は、ドレスのスカート部分のボリュームにもよりますし
おふたりのご身長のバランスによっても、その距離のアドバイスも違ってきます。

とくかく、花嫁さまが新郎さまの腕を杖として頼ることのないように
また、新郎さまが、真のエスコート法を知って
花嫁さまを安心かつ安全に歩かせてあげれるように
花嫁レッスンの中で、徹底的に、このエスコートテクニックを実践練習しています。

「花嫁のドレスがずれる理由NO.1を知っていますか?」
この答えは、新郎さまがドレスを踏むため…でした。

そして、その対処法は
新郎さまの腕を杖だと思わないこと(しがみつかない事)なのです。

また、ちょこちょこ、お役立ち情報を更新しますので覗いてくださいね。

私たちこそ新郎新婦さまの…転ばぬ先の杖になりたいと思っております(笑)




2017-01-10
「笑顔の話」あなたはまだ笑えてないですよ!

ブライトブライズのサイトにようこそ!

結婚式に“安心”“キレイ”をプラスしたい花嫁レッスン講師の島津です。
新郎新婦さまが大満足の結婚式を挙げていただきたいとの想いで
本日も、日頃の経験からの気付きを元にお役立ち情報として
綴りますので、お付き合い宜しくお願いいたします。

前回は「姿勢」の重要性についてお届けしましたが
もう一つ、佳き日のおふたりに、重要ですよ…と伝えるならば
私は迷わず「表情(笑顔)」の話を致します。

担当レッスンで「印象の良い人とは?」と質問をしますと
必ず含まれる「笑顔の素敵な人」なのですが
では「笑顔に自信がありますか?」この質問に関しては
ほとんどの方が「NO」とお応えになります。

フォトジェニックレッスンを行う際、実際にスマホを使い
写真を撮るワークをするのですが
私がカメラを向けると・・・「おすまし度マックス」です。

ご本人は“笑っているつもり”でも私にはそうは見えないのです(苦笑)

笑顔は3パターンありまして
①サイレントスマイル ②ハーフスマイル ③フルスマイル となります。

①サイレントスマイルは「おすまし」歯を見せずに「微笑む」程度
③フルスマイルは歯を20本以上しっかり見せて元気に笑う
(②ハーフスマイルはその中間とご理解ください)

さてネットより女優さんの画像をお借りしてみましたが
比べてみていかがでしょう?

<サイレントスマイルのお手本>
koukaku_ayase1
 

 

 

 

 

幸せオーラを振りまいています!

まさに、結婚式での花嫁さまの基本の表情
サイレントスマイルは、例えば、チャペル挙式の際などは
厳かなシーンとなりますから、この“微笑みレベル”が合いますよね。

trcnbwug3joo56u_mmkus_66 m_as523694f56-2e73d tnr0711081620009-p8 trcnbwug3joo56u_4isdy_160
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは、フルスマイルですね。

ハツラツと、その場をエンジョイしている。
私、楽しんでます!私、幸せです! …がしっかりと伝わります。

そうなんです!!!

しっかり伝えたいのは嬉しい気持ちや感謝の気持ちのはずですから
表情が乏しい新郎新婦さまは、非常に残念なのです。

そして、笑顔の強弱を覚えたら、次は笑顔のTPOとマッチさせましょう。
どのシーンでサイレントスマイルを使うのか、フルスマイルが必須なシーンは?

気付いてほしいのは、こういうことなのです。

私は、研修のお仕事もいただくのですが「笑顔」の話はテッパンでして
色々な角度から、皆さんの笑顔への意識改善に挑戦しています。

頭ではわかっているけれど出来てないのが
日常での正しい姿勢だったり、笑顔を意識することだなと感じます。

新郎新婦さまの応援団としては、何千回でも申しますよ~

おもてなしをなさる立場である意識を強めましょう。

おふたりの笑顔はゲストに対する気遣いと言う名のギフトなのです!

おふたりが一番、楽しんでいる風…やはり、そんな結婚式が素敵です。

 

ブライトブライズは、全国の式場さまと提携をさせていただき
結婚式直前の挙式リハーサル含め、印象度アップ、写真テクニック
また、披露宴での振る舞いレッスンや神前式の所作、和装所作など
新郎新婦さまのご不安の払拭をご提供しております。
また、こちらの地域でレッスンを受講いただけるようにしておりますので
佳き日の立ち居振る舞いに自信のない方は是非、受講をご検討ください。
姿勢矯正や笑顔レッスンを愛する人と学ぶ良い機会ですよ♪

2017-01-05
結婚式前にチェック!「あなたは姿勢に自信がありますか?」

ブライトブライズのサイトにようこそ!

結婚式に“安心”“キレイ”をプラスしたい花嫁レッスン講師の島津です。
新郎新婦さまが大満足の結婚式を挙げていただきたいとの想いで
ここに、お役立ち情報を綴りますので宜しくお願いいたします。

さて、花嫁レッスンのコンテンツの中でも、我々がもっとも重要だと思っているのが
姿勢の良し悪しなんですが、最近、実際に新郎新婦さまのお体をチェックさせていただくと
非常に気になるのが体に軸が無い立ち方をしている方が増えてきていることです。

体が柔らかいな~という印象。
柔軟性があるという意味ではありませんで、ふにゃ~としているのです(苦笑)

体の軸とは、いわゆるインナーマッスルのことでして
日頃から腹筋と背筋がバランスよく鍛えている方は軸が歪んでいません。
真っ直ぐ空に向かって伸びているイメージで首も長さも充分!お腹も出ていない!
顏も引き締まって見えるのです。

せっかくの結婚式…せっかくの晴れ舞台…
印象に一番影響するあなたの「正しく美しい姿勢」は是非、覚えて臨んでほしいものです。

この画像をご覧ください。
picture-024
体を沿って立つ…これは、腰に力が入っていないのが原因です。

「反り返り型」に加えて「猫背」の方は、太って見えてしまったり、顏が大きく見えたりしますよ。

blog12_101_02
「正しい姿勢」とは、耳・肩・腰・くるぶしまでが、一直線になる姿勢です。
レッスンで、姿勢矯正を行うと、ほとんどの方が、前傾になるので驚かれます。

「えっ、これでいいのですか?」と疑心暗鬼で聞かれます。

そこで、お相手(新郎新婦さまそれぞれ)に
「横から、ご覧になってください。真っ直ぐですよね? お腹出てないですよね?」などと
チェックをお願いして信じてもらっています(笑)

新郎さまが目指してほしいのは、逆三角形の男らしい引き締まったボディライン
「胸を張る」のは、正しい姿勢ではありませんので勘違いしないでくださいね。

花嫁さまにはデコルテに、しなやかなハンガーライン(首から肩まで二等辺三角形)を作ります。
ドレス姿の美しさはデコルテ&肩甲骨で表現しましょう。

結婚式を控えているあなたは、姿勢に自信がありますか?
もしも「NO」ならば、ブライトブライズに90分をください。

結婚準備の総仕上げは「花嫁レッスン」にお任せください。

今回は「姿勢」の大事さをお伝えしましたが、他にも、た~くさんお伝えしたことがございます。

また、覗いてくださいませ。お待ちしております(^^)/

2017-01-02
2017年も新郎新婦さまに“キレイ”と“安心”をお届けします!

新年明けましておめでとうございます。

日本全国、比較的穏やかな気候で迎えた2017年
お正月はいかがお過ごしでしょうか?
ブライトブライズ代表の島津です。

さて、ブライトブライズは、早くも3日より活動開始です。
2会場からブライダルフェアでのレッスンを…とお招きいただいております。
三が日は、新郎新婦さまお揃いで式場に出向けるチャンスなのですね。
非常に多くの結婚式を控えたカップルさまのご予約を賜っているとの連絡をもらっています。

ここで、あるカップルさまのレッスン風景をご紹介しましょう。

※画像掲載の許可をくださったおふたりに感謝です。

昨年暮れ、熊谷講師が担当した時の画像です。

15726685_1211988318891363_5231027864706137281_n 15747755_1211988322224696_5983666850911793892_n
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説は不要かと思います(笑)

このビフォーアフターを比べた画像は、ブライトブライズの名物ショットでして
レッスンの必要性を最も、わかりやすく表現しているのではないでしょうか?

 

<結婚式を控えた花嫁さまへ>

もし、披露宴の終盤、ふと、お隣の新郎さまをご覧になって
このように、まるで自分の家のリビングのようにくつろいでいたとしたら?

ズバリ、申しますよ!

あなたが、とっても大きく見えてしまうのです!

手前味噌ですが、花嫁レッスンを受講していただくメリットは、あまりに多くて
推薦の理由を絞り切れないのですが、この「おふたりの身長バランスを整える」
これだけでも、絶対に、知ってほしいと思うのです。

昨年、リニューアルしましたサイト内のウェブレッスンでも
かなり、お役に立てるようになっていると思いますのでご覧いただければ幸いです。

それでは、本年もよろしくお願い致します。

2016-08-25
【島津コラムvol.1】結婚するあなたへのメッセージ

ようこそ!
ブライトブライズ代表の島津です。

本日より【島津コラム】と題して(主に)結婚を控えた花嫁さまに対して、私の想いを綴りたいと思います。

まずは簡単なプロフィールですが、今からかれこれ15年ほど前になりますが、リッツ・カールトン大阪で花嫁さまの専属スタイリストに従事するところからブライダルのお仕事がスタートし、様々な経験を経て現在に至ります。

50歳の誕生日を設立日として社長業にもチャレンジ。今、会社のメインコンテンツの「花嫁レッスン」で頑張っております。

結婚式サポートを通じて「結婚式って、やっぱりいいなー!必要だなー!」との想いは益々、強まる一方なのですが「少子化」の影響も否めませんが、結婚をするカップルの減少と結婚式を挙げるカップルの減少という現状が非常に残念でたまりません。

そこで、最近の私の活動に「婚活応援」が加わりました。「ブライトブライズ代表島津郁代の今すぐ結婚したい女子のための結婚応援セミナー」などのセミナーを開催しています。

私が婚活女子・男子を応援したいとの想いに至った訳とは?

私自身が結婚をしており、子供ふたりに恵まれた人生を歩んで来ております。けれど結婚をしたくない人に結婚を勧めることは本意ではありません。それは個人の価値観を尊重すべきだと思っています。しかしながら、婚活応援をスタートするきっかけがあったのです。某大手結婚相談所より、会員さま向けにマナーのセミナーのオファーをいただいたのです。結婚したくない人に結婚を勧めることは不本意でしたが、結婚したい人の応援ならとお引き受けしたのでした。

結婚して28年という歳月が経った今の私が感じることが出来ている「結婚とは?」今だから話せる私のヒストリーが、結婚したいという方々のお役に立つなら、そう考えたのです。
もう一つ、やはり私はブライダルのお仕事が大好きなのですが、結婚式のサポートは結婚をする人がいないと出来ないんですよね(苦笑)弊社の繁栄のためにも、いやブライダル業界、更には日本という国の未来のためにも「結婚っていいよー!」と言うことを本音・本心で、これからも伝えていきたいなと思っています。

何故、結婚式が必要なのでしょうか・・・
結婚式をしない・出来ない理由はあると思いますが、二の足を踏んでおられた新郎新婦さまの結婚式での、お幸せの笑顔や涙を見るたびに、また「やっぱり結婚式やってよかった!」というお声を聞く度に、その必要性を痛感しています。
何故、結婚式が必要かと聞かれれば、具体的に、いくつもの理由が浮かびますが、真っ先に浮かぶのが「お親孝行」という言葉ですね。「親御さんのために結婚式」たとえ、これが理由だとしても、その価値は十分にあると思っています。

結婚式というお披露目を区切りとして、ご両家は認め合い、その関係をスタートします。そしてそれぞれの親戚とのお付き合いも始まりますね。口うるさい親戚の叔父さんとか、若いうちは、うとましく感じるのですが、年を重ねると、それは「愛あればこそだった」と感謝が出来るようになるものです(苦笑)

誰の人生にもきっと、若い時には気付かなかったが年を重ねてようやく気付くことが山のようにあるものなのです。「やはり結婚式はすべきだった」と言う後悔の声を聞くたびに先輩(私たち)が伝えていかないとなーと思っているのです。

子育ては苦労の連続かもしれません。授かった我が子に対して親として使命感を持ち大切に大切に育て上げた娘はまさに宝そのものです。その宝物をとうとう手放す時がやってきました。娘が結婚をしたいと・・・。とうとうその日がやってきました。その時、親は伝えたいのです。「私たちは今まで大切に大切にこの子を育ててきました。だから、私たちと同じように、いや私たち以上に、娘を大切にして欲しい」・・・と。
結婚式は、親御さんの想いを娘さんのパートナーに、しっかりとバトンを渡すための儀式とも言えます。
「愛娘が親元から巣立つ旅立ちのセレモニー」なんですよね。これは、親にとって、決して嬉しいばかりではないはずで。寂しい気持ち、そして達成感のような誇らしい気持ちなど複雑な心境でもあると想像できます。

 
あるお父さんの本音
娘さんに「結婚します」と告げられたのですが「結婚式はしない」と言われたそうで、その日から、娘さんは、愛する人の元へいってしまったそうです。非常に驚かれて・・・。湧き上がる感情は、全て娘への心配ごと。相手に、どんなご家族・ご親戚がおられるのだろうか?うちの親戚にも紹介したかった・・・おばあちゃんに孫の晴れ姿を見てもらいたかった」などなど、それからというもの気持ちが落ち着く日がなかったそうです。
そして、その矛先は、お相手へと向けられたのです。お父さまは「うちの娘を親戚にお披露目もしてくれないのか?」と。これは親御さんの切実な想いですね。

結婚式の挙げ方は多様化してきてまして、自由度も多く、選択肢も様々あります。何も盛大な結婚式でなくてもいいのです。費用のかけ方で結婚式の質が変わるとも思いません。ただ、スタイルや費用がどうであれ、親御さんの想いに報いるためにも、これまでの感謝を伝えるためにも、絶対に結婚式は挙げていただきたいのです。

時代は移り変わってます。エコの時代と言われますが、やっぱり結婚式はしてほしいです。長年に渡り、幾度となく、親は、子育て中は、相当な自己犠牲を払い子を育て上げます。(自己犠牲なんて思っていないですが、自分のことより子供中心の生活をしてきました)その親御さんに、少しあらたまった場所を設け、これまでの感謝を伝えてほしいのです。

 
豊富な選択肢がある結婚式
結婚式のスタイルは、様々ありますね。神式、仏式、キリスト教式、人前式、また、ホテル、ゲストハウス、レストランなど、利用なさる施設も選択肢はたくさんあります。どんなスタイルで、どこで挙げるのか?また、お招きするゲストの人数も、それは、お二人の価値観で決めればいいと私は思います。お金がかけられないなら、お披露目のお食事会だけでもいいのです。大事なのは、親御さんやご親戚に、けじめとして、ちゃんと紹介をし認めてもらうことなのです。

私事ですが、私の結婚式の時、父の号泣する姿に感動をしました。そして、そのシーンは、今でも鮮明に覚えています。今は、その父は他界してしまいましたが、結婚式前日に、父からもらった手紙は、今でも宝物です。印象深かった言葉が「親らしいことしてやれずごめんね」いやいや、あなたのおかげで、しっかり者の娘になりましたよ(笑)

 
「これから結婚する方へ」
お金も労力も、そしておふたりのエネルギーが必要な結婚式ですが「やっぱりやって良かったです」と言うお声しか聞かないのです。結婚準備は、これから先のおふたりの長い長い人生の“土台作り”のようにも感じます。マインドや金銭感覚の違いも出てくるので多くのカップルさんが喧嘩されます。でもそれでいいのです。価値観の共有とすり合わせは必要ですから、是非、結婚なさるなら結婚式を挙げましょう。最後に・・・あるデータをお知らせしましょう「離婚した人の80%は結婚式を挙げていない」この数字は非常に衝撃的ですよね。結婚式は離婚の抑止力とも言えるのでしょう。
長文にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
ではまた、Vol.2でお逢いしましょう。。。
 

2016-08-23
【写真写り】たったこれだけのことなのに写真が素敵に変わる「重心について」

あなたが有名人でないならば・・・
結婚式では、おそらく一生のうち一番多くカメラを向けられる日

うん!これは間違いない(笑)

私たち講師は、これを知っているから花嫁レッスンには数多くの「写真写り」のアドバイスを盛り込んでおります。
そして私たち講師は「写真が苦手」と言うお声を本当に多く聞きます。

今回は新郎新婦さまが、おふたり並んで撮るショットについてアドバイスをお読みください。

カメラを向けられた瞬間ふたりの重心を内側に寄せる!
これが重要なポイントなのです!

「仲良しショット」と「仲良く見えないショット」の違いは、上半身が適度に寄っているか・・・それとも離れてしまっているか・・・なのです。

 

それでは、衝撃的な画像をご覧ください(苦笑)

s-IMG_6700
 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは披露宴での「ケーキカット」のシーンなのですが、わざとモデルさんに上体を沿っていただき撮影しましたNG画像です。ちょっとオーバーな反り方ですが、ここまで極端でなくても、新郎新婦さまの上体がやや離れてしまって、もったいないな~と言うケースが実は多いのです。

 

■絵になるケーキカットシーンにするには?■
真っ直ぐに姿勢を整えてから腹部を後ろに引きましょう(やや、お尻を突き出すイメージです)そうすると上体が前傾になり、新郎新婦さまの上半身が近づくのです。頭の傾きも、ほんの少しでいいので内側に倒すのもお薦めです。姿勢だけではなく表情も意識しましょう。笑顔ですよー
 

おさらいです。

①反っていない良い姿勢②上半身を寄せる③頭も寄せる

ちょっとしたことかも知れませんが、知っているといないのと大違いなのです。でも、知識は実行できてこそ!どうぞ素敵なケーキカットシーンを実現してくださいね。

2016-08-20
婚礼衣装「白無垢&打掛け」の正しい姿勢と歩き方

結婚式でお召しになる着物は、一般的に馴染みのある振袖や訪問着とは、立ち方や歩き方が異なりますのでアドバイスをさせていただきますね。

まず、立ち方ですが、以下の3ステップが重要ポイントです。

①内股になる:草履の先をくっ付けて踵は開く
 洋装の場合は踵側をくっ付けて立ちますが、和装は内股になります。草履の先をくっ付けるように(踵側を開いて)立ちましょう。その上で、ひざも、くっ付けるようにしてください。
②前傾姿勢が美しい:姿勢を正してから重心をつま先に移動
 白無垢などの打掛けは、洋装のように真っ直ぐ真上に伸びて立つと非常に反り返っているように見えてしまいます。そこで、やや前傾になって立ちます。この時、猫背にならないように背筋は伸ばしたままで重心を草履の前方に移動すると自然で美しいです。但し、ご自前の振袖など婚礼用衣装ではない場合は、さほど前傾を意識しなくても大丈夫です。
③目線が重要:顎を少し引き前方5メートル先の床を見る
 神前式での入場の際、新郎さまは堂々を胸を張って目線も下げることなく前方を向いてお進みいただきたいのですが、花嫁さまの場合は少々、伏目がちが美しいです。良い姿勢から、やや前傾になり、前方5メートル先の床に目線を向けてください。
但し、ご披露宴の入場の際は、目線は下げないでゲストのお顏の高さがベストです。優しい笑顔でお進みください。
次に歩き方のコツをアドバイスいたします。

①目の前に“ライン”があると想定して歩く
つま先の前方に、真っ直ぐな線を想像してください。その線をつま先に踏みながら歩くイメージです。

②つま先から着地する
靴は踵から着地をするのですが、草履はつま先側から、着地するように意識しましょう。

③すり足気味に歩く
草履は意識しないとペタペタと音を立ててしまいがちですので気を付けてください。やや、すり足気味にしてみてください。慌てず歩くことも意識しましょう。



<和装の歩き方のコツのまとめ>

和装の基本姿勢になったら、ご自分の前に、一本のラインを想像してください。そのライン上をつま先で踏むようなイメージで足を出します。草履は、ペタペタと音を立てないように、少し、すり足気味で歩いてください。

和装(特に色打掛)を初めてお召しになった時、その重さに驚かれることでしょう。草履も履きなれておられない方も多く、足元は、ペタペタとなり、体を左右に(ペンギンのように)揺らしてあるく花嫁さまがおられますが、それは美しく見えません。是非、音を立てないように、すぅ~っと、滑らかに歩くよう意識してください。



■お知らせ■

和装の所作のアドバイスはこちらでもご覧いただけます。




2016-08-16
大盛況!ブライダルフェアでのレッスン報告

花嫁レッスンのサイトにようこそ!

まだまだ、暑い日が続いていますが、お盆も過ぎ挨拶は「残暑お見舞い申し上げます」ですね。

 

さて、結婚準備中の新郎新婦さまにとって、“盆も正月も”関係なく、お休みを利用して、ご準備を進めるカップルさまも多かったのではないでしょうか?

実は、お盆中に式場さまからの花嫁レッスンのご依頼が多く、大勢のカップルさまに、ご参加いただきました。

13978111_1115444155214617_1274618475_o
 

 

 

 

 

 

こちらは、大阪のホテルさまでのレッスンの一コマ♪

花嫁レッスンの前にドレスショーが開催されていたので、ステージがありましたね。

ドレスショーでモデルさんの素敵な振る舞いを見た直後のレッスンですから、講師からは冒頭、こんな挨拶から始めます。

「これから、皆さまには、今、ご覧いただきましたモデルさんのように、結婚式当日に素敵に見せるコツをたっぷりとアドバイスいたしますね」

そうなんですよね。モデルさんも、結婚式での立ち居振る舞いを最初から知っていたわけではなく、訓練をして、あのような素敵な歩き方や振る舞いをマスターしているのです。そのコツを知ってもらえれば、相当、モデルさんに近づけます(笑)

 

花嫁レッスンは、必ず姿勢のレッスンから始まります。そして、シーン別の表情のアドバイスも外せません。それから・・・挙式、披露宴での動作のポイントレッスンをたっぷりと行うのですが、途中、何度も何度も、姿勢への忠告を挟みます(苦笑)

背筋を伸ばす意識の継続が、なかなか難しいことを講師は、レッスン担当の度に痛感しているのです。ですから、言葉でも「何故、姿勢の意識が一番、大事なのか?」を伝えて、新郎新婦さまの意識の中に深く入り込むよう工夫をして伝えています。

 

さて、お写真でご紹介した式場さまから、わざわざ、お電話をいただきフェア参加のアンケートで「花嫁レッスン」の評価が非常に高かったことをお知らせくださいました。

大きなフェアに、花嫁レッスンをお招きいただいた式場さまと、ご参加くださった新郎新婦さまに、心から感謝いたしております。

 

 

 

 

 

2016-08-14
新郎もお忘れなく!指先の美しさを求められる指輪の交換シーン

花嫁レッスンのサイトにようこそ!

代表の島津です。

今日も、新郎新婦さまに向けて、お役立ち情報をお伝えしたいと思います。

 

これは、私が、実際に、お会いした人の話です。

初めて、お会いしたとき、お話ししている間中、私は、その方のある部分に、幾度となく、目を向けてしまったんです。ちょっと大げさな言い方をすれば、目を奪われた!?

実は、その部分とは“手”なのです。手入れの行き届いた白くて美しい“手”がその方のお話の内容を、しっかりアシストしていたのです。

お話のインパクト度を、声のトーンや表情に加えて、そのしなやかな手が、いい仕事をしてるんですよ(笑)

その美しい“手”の持ち主が男性だったのでなおさらでした。

これが、ちょっと、衝撃的だったので、お伝えしておきますね~

さて、前置きは、この辺に致しまして、これを結婚式を控えた新郎さまへのアドバイスに、繋げますよ(笑)

 

花嫁さまは、きっと、ネイルとかのハンドケアは、結婚準備の中に入っているでしょうが、新郎さまは、そこまで、意識はなさらないでしょうが、清潔であるように、爪を整えておいてくださいね。「指輪の交換」のシーンでも、指先のアップの映像が残りますのでね。

o0480064010789617415
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挙式でのシーンは、どうぞ指先まで意識をして、ゆっくりと丁寧な振る舞いが理想です。

 

丁寧な指輪の交換シーンの解説は、こちらのページをご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-08-09
「仕草美人レッスン」現役モデルに直接習えるチャンス♪

花嫁レッスンのサイトにようこそ!

代表の島津でございます。

 

さて、ブライトブライズでは、新郎新婦さまの応援団だけではなく

一般の(主に)女性の方対象の講座のご提案をスタートしております。

 

どれも、お薦めの内容ですし、とてもリーズナブルな講座ばかりですので

どうぞ、ご検討くださいませ。

 

本日、ご紹介しますのは~花嫁レッスン講師の熊谷マリアの講座♪

 

実は、この講座は、レイウエディングさまからのご要望で実現した講座でして

レイさんがリリースされると同時に、即満席となるほどの人気講座の内容を

ブライトブライズバージョンにアレンジして、ご受講いただきます。

 

熊谷は、現役でモデルのお仕事も続けているため、美貌やスタイル維持の努力を惜しまず

ただ、彼女の魅力は、そこだけではないことを私は知っています。

 

魅力は、中からにじみ出るもの・・・

 

そうそう、彼女に会えば、その謙虚さ、そして、関西の女性だからでしょうか

可愛いし、面白いし♪

熊谷マリア
 

興味が湧いてきた人、それは正解ですよ! こちら をどうぞ(^_-)-☆

 

魔法のレッスンで手に入れよう! キレイ、安心、そして感動。

花嫁レッスンに関するお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡ください。

東京
03-5413-5806
大阪
06-6702-6364
お問い合わせ・ご相談
Contact us