プロのノウハウ

2016-08-07
挙式の前に覚えたい!花嫁がずっとリビングに飾りたくなる写真の撮られ方とは?

花嫁レッスンのサイトにようこそ!

本日も、結婚式を控えた新郎新婦さまへのお役立ち情報をお届けします。

 

先日、知り合いの新居に、訪問したときのことです。

リビングに、飾られていた複数のお写真
それは、結婚式のお写真でした。
ふたりの幸せそうな笑顔を拝見して

「とっても良い結婚式だったんだな~」というのが伝わってきましたよ!

 

我々、花嫁レッスン講師の願いの一つに

「一生、リビングに飾って眺めていたくなる写真の撮られ方」をマスターしてもらいたい

こんな想いがあるんですよね。

 

結婚式を終えられて、月日が、経ったとしても

ふと、日常でも、何気なく、その写真を目にする

そんなときには「あの日は本当に良かったね」って

たくさんの思い出と、佳き日の幸せな気分が蘇ってくる

「過去」に感謝。。。「今」に感謝。。。

 

大満足の写真には、こんな効力があると思うのです。

 

一生、リビングに、飾り続けたい写真を残そう♪ 
新郎新婦さま、そう思いませんか?

 

一生に一度の結婚式写真
あとで見たらボツ写真ばっかりでは悲しいですよね。
そんな悲しいことにならないために
あなたが、知らない写真写りのテクニックがあるんです!!!

 

姿勢も笑顔ももちろん大事ですが
お二人のバランスの取り方、これが大事でなのです。

 

ホームページに掲載しているこちらの写真に大きなヒントが、見つかるはず♪

 

特に、注目は、この画像です。

m7
 

 

 

 

 

 

ドレスをお召しになる花嫁さまは、アクティブに、動きづらいもの

後ろに、下がれば、小顔になれますが

花嫁さまは、後ろに下がっては、いけません(トレーンを踏んでしまいます)

 

ですから、ここは、新郎さまが、常にやや前方のポジション

お立ちいただきたいのです。

遠近法を使う!

しかも、意識するのは、新郎さまなのです!

なかなか、咄嗟には、動けない新郎さまが多いのです。

我々は、おふたりの出発点である結婚式での感動や良き思い出を

たっぷりと、お写真に刻んでいただきたいと願っておりますので

新郎さまに向けての(厳しい?)レッスンも、たっぷり行っております(苦笑)

 

※あなたの街の花嫁レッスンスケジュール

※写真うつりに関するその他のお役立ち情報はこちら

 

 

2016-08-03
結婚式をきっかけにエスコートをマスターしましょう

花嫁レッスンのサイトにようこそ♪

結婚式を控えられた新郎新婦さまへ、今日もお役立ち情報を綴りますね。

DSC_0600

 

「レッスン名は、花嫁レッスンですが、花婿レッスンなんですよー」

講師達は、レッスンの冒頭に、よく、こんな言葉をお伝えしています^^

 

その理由は、結婚式での動作の全てが、新郎さまリードだからです。

 

新郎さまによる

さりげないけど

かっこいいエスコート術

 

これって、なかなか、日本男児には、馴染みのない動作なんですよね(苦笑)

 

かっこいいだけでなく、さりげないというところがポイントなんです!!!

カッコつけるのではなく、その振る舞いに、花嫁さまへの愛情が、さりげなく、感じられると、とてもとても、素敵なんですよ。

 

挙式や披露宴の際に大切な花嫁さまをエスコートするのは当然

更に、結婚式の日だけエスコートをするのではなくて、結婚式をきっかけとして、記念日やデートの際に新郎様には夫として紳士として、さりげないエスコートをなさる。私たちは、そんなご夫婦になっていただきたい・・・

 

そんな想いを抱き、新郎さまに、レッスンをさせていただいてます。

 

これは、女性の憧れであり、結婚式ですと、大事なことなのです。

 

具体的に、どうすればいいか・・・は、ブライトブライズのサイト内のこちらにて解説しておりますので、どうぞ、参考になさってくださいね。

 

花嫁レッスンには、是非、カップルで、お越しください♪

unnamed (15)

 

 

 

 

 

 

▶▶▶あなたの街の花嫁レッスン最新スケジュール


後悔しないために知ってほしい高砂席での3つのアクシデントと解決策

 

DSC_0324

【え!? まさか!? 花嫁さまが… 消えた(;゚Д゚)】

これ、実際に担当したご披露宴であった出来事です。

突然ですが・・・

高砂席(メインテーブル)での正しい座り方をご存じでしょうか?

 

おそらく、披露宴を予定なさっている方のほとんどが (そういえば、知らないかも…)と思われたのではないでしょうか。

意外に思われるでしょうが、高砂席での椅子に座るときに思わぬアクシデントが起こったり、 第一印象をダウンさせてしまう行動をしてしまったりしていることが、 ほとんどの披露宴で見受けられます。

 

でも、ご安心ください。

この記事をお読みになれば、少なくとも3つのアクシデントは防ぐことができます。

 

もっと言えば、この3つのアクシデントさえ防ぐことができれば、高砂での過ごし方は バッチリだと言っても過言ではありません。

 

具体的なアクシデント&NG例と、その解決策をご紹介します。

 

 

① 椅子があることを確認する

 

(え?そんなこと?)と思われたでしょ?

でも実は、多くの新郎新婦様がこの基本的なことを忘れてしまうのです。

というより、舞い上がってしまって、焦って座ってしまう あるいは、いつもと違う衣裳であることが理由で 椅子がどこにあるかがわからなくなってしまうのです。

 

ご披露宴当日は、新郎様は会場全体の進行を一手に引き受けて司る責任者 (「キャプテン」とか「黒服」などとも呼ばれます)が、 花嫁様には専用のお世話係(「介添係」とか「アテンド」などと呼ばれます)が 椅子に座るときにサポートしてくれます。

しかしながら、ずっとお二人のそばについてすべてをお世話してくれるとは限りません。

昨今のウェディングでは、なるべくゲストの方々と触れ合える時間を大切にするパーティーが 増えました。それに伴い、新郎新婦様が自由に会場を動き回ったり、メインテーブルまで お越しくださったゲストの方々と談笑したり、というシーンが多く見受けられるようになりました。

そうしたときには、お世話係はあえてお二人のそばには寄らず、ゲストの皆様とだけの時間を 演出する場合もあります。 また、キャプテンやアテンドは、お二人のお世話をすることだけがお仕事なわけではありません。

披露宴が滞りなくお開きを迎えるために、お二人やゲストの目に言えないところでも、様々な 情報共有をしたり、次の進行の準備をしていたりします。 となると、新郎新婦様が椅子にお座りになるタイミングで、必ずしも新郎新婦のおそばに ついているとは限らないのです。

 

加えて、高砂付近は狭い場合が多いです。ですから、通路を確保するために あえて椅子を後ろに下げている場合が多いのです。 そんな時に焦って腰を下ろすと、椅子に座るどころか、床にしりもちをついてしまう…。

結果、冒頭に書いたように【花嫁様が高砂から姿を消した】、なんていうことが起こってしまうのです。

 

昔の恋人が披露宴会場に乱入!花嫁の腕を掴んで走り出してしまった… なんていう映画のようなシチュエーションを想像なさったかもしれませんが、そういうことではありません(^-^; 悪しからず

・・・というわけで、メインテーブルで椅子に腰かけるときには 焦って座らないこと! 落ち着いて、必ずそこに椅子があることを確認してから座ってください。

 

コツは

①どちらかの脚を後ろに下げて、椅子が脚に当たったことを確認すること

②脚で椅子を感じながら、ゆっくりと腰を下ろすこと

ご披露宴はお二人が主役です。焦らないで、ゆっくりと、エレガントに振る舞いましょう。

 

② ご祝辞は聞くものではありません。『聴くものです』

たくさんの方をお招きするご披露宴。中には、職場の上司や学生時代の恩師に祝辞をお願いしている という方も多いことでしょう。

ただ、こちらからお願いしているにも関わらず、そのご祝辞をただ単に「聞いている」方の多いこと。 (聞いているのだからいいのでは?) と思われたあなたは要注意です。

主賓の方のご祝辞を聞いているだけでは、あなたの第一印象がダウンしかねませんよ! ここで突然ですが、中学時代に習う英単語のお話を・・・

【聞く】という動詞には、二種類の単語があることを習いましたね? ”hear” と ”listen” です。 この二種類、日本語では【聞く】と訳しますが、意味合いが全く異なります。

hear ⇒ 聞こえてくる listen ⇒ 耳を傾ける

余談ですが、昔の英語教育において、聴き取りをヒアリング(hearing)と呼んでいたのが リスニング(listening)と言われるようになったのは、このニュアンスの違いが理由ですよ。

実は日本語にも、この二つの単語をうまく表現する漢字が存在します。 角川書店発行 『類語国語辞典』では、 「聞く」は、音や声を耳に感じ認めることの意。

「聴く」は、聞こえるものの内容を理解しようと思ってすすんで聞くことの意 と説明しています。 つまり、 hear = 聞く listen = 聴く です。

ご祝辞を聞かずに聴こうと思うなら、その姿勢がとても重要です。

ポイントは、 ①話者に方に対し、お体(胸)の正面を向けること。 ②話に反応する。頷いたり、笑ったりしましょう。

なお、新郎様は花嫁様の、花嫁様は新郎様の主賓の方のご祝辞に対し、素っ気ない態度になりがちです。 初めてお目にかかるお相手である場合が多いからこそ、 あなたのご祝辞を聴く姿勢が、話者の方が抱くあなたの第一印象に直結します。 パートナー側の主賓祝辞こそ、聴く姿勢をご大切に・・・

 

③肉のうきわをまとった花嫁

うきわと言っても、海やプールで泳ぐときのうきわではありません。 いわゆる、体についたお肉のうきわです…

最近、おしゃれ花嫁さんたちの間で流行しているのが、メインテーブルをなくしてしまうソファーコーデ。 かつてはテーブルと椅子があるのが当たり前だった高砂にテーブルがなくなることで、ゲストの方との距離がぐっと 近づきますし、お花やグリーンだけでなく、キャンドルや写真撮影用の大きなフォトフレームなどのおしゃれアイテムを ソファー周りに集めるだけで、まるでそこが、海外や屋外であるかのような空間に様変わり! メインテーブル付近のコーディネートをこだわれば、その分だけグッとおしゃれなアルバムが手に入ります。

しかし、このソファーコーデになったことに伴い、多く目にするようになったのが、 お肉のうきわをまとった花嫁さまなのです

ソファーは椅子に比べて座面が柔らかいです。 また高さも低いため、座る人のお身体が下に沈みやすくなります。 となれば、どうしても背中が丸まってしまいやすい。 そして背中を丸くして座る ドレスのデコルテラインの上にお肉がたっぷりと乗ってしまいますよ! こうなると、もうお肉のうきわをはめた花嫁様降臨です( ;∀;)

すると、どうなると思いますか? こだわったはずのオシャレなコーディネートで楽しそうな写真を撮っても、 写真の中心に写っている自分の写真が気に入らない。 雑誌やインスタで憧れた、あのモデルさんや花嫁さんでイメージしていたものと全然違う!! 気に入らない写真を残したくないから、アルバムに載せる写真としてはセレクトしない。 結果、アルバムに載せたくない没データばかりを量産してしまった悲劇を迎えます。

花嫁様は、露出度の高いドレスをお召しです。 当然ながら、普段の装いよりもお身体の肉付きが目に付きやすいです。 ですから、この記事をお読みの花嫁様にも同じ悲劇を引き起こさないために、次の二つのポイントを意識してください。

①両ヒザは絶対に離さない!常に両ヒザをくっつけておくこと

②上半身はグッと上に伸ばして。尾てい骨から頭の上まで、座高がMAXになるように伸びあがる

この二点です!

 

ちなみに、ソファーコーデだけでなく、椅子のあるメインテーブルの場合でも同じですよ!   いかがでしたか?ここにご紹介したことは、知らないで当日を迎えていたのでは手遅れです。 少しでもお二人のウェディングのお役に立てたなら嬉しいです。

 

他にも、新郎新婦様のお役に立つ記事をご用意しています。

京都舞鶴の藤本講師のこちらの記事も、きっとお役に立ちますよ(^_-)-

披露宴でのワンランク上の来賓スピーチの聞き方

DSC_1050


花嫁さま事件です!「ハイヒールの悲劇」

花嫁レッスン講師のブログにようこそ!

 

これは、先日、知り合いに会った時のこと・・・

 

「結婚式って一生に一度のことなのに、ほとんど、ぶっつけ本番で、練習無しって

よく考えたら、非常に、不安ですよね」 

そんなことを、おっしゃいましてね・・・引き続き、こんな話をしてくださいましたよ。

 

ご友人の結婚式で、新郎様は180cmと背が高く

花嫁様は少し小柄のため
15cm以上もあるような高いヒールの靴を履いていたそうです。
披露宴会場にお2人が腕を組んでご入場の途中

なんと!!
花嫁様が転倒してしまったそうです。
ただ、このハプニングに周りにいた皆はびっくりしたけれども
新郎様が優しく抱き起こし
優しい新郎様の姿に皆が安心したそうです。

花嫁様も、お怪我も無かったようで、良かったです。

 

きっとお2人とも緊張されていたのでしょうね(/ω\)
でも~花嫁様は絶対、転びたくなかったはず!

 

花嫁レッスン講師としては、大切な結婚式の前に

新郎様に、お伝えしたいことがあります。

歩く時は花嫁様のペースに合わせてあげてください。
花嫁様は着慣れないドレスを着て
いつもより高いヒールのくつを履いて歩くのは、本当に大変なんです。
花嫁様はゆっくりしか歩けません。
新郎様のいつもの歩き方、歩幅では花嫁様はついていけません。

 

花嫁様を思いやる 「歩き方」と「優しいエスコート術」を
知ってほしいのです。

 

優しいエスコートが、出来る新郎様って、やっぱり素敵ですよね。

 

花嫁レッスンでは、安心・安全のためのエスコート術を

実践で、身につけていただいてます。

hos1


レッスンを始める前に「何故、レッスンが必要か」を伝えたい

美しい挙式を応援するブライトブライズのサイトにようこそ!

結婚式を控えておられるカップルさまの、お役に立てればと

花嫁レッスン講師たちが、日々のレッスンでの気付きをお伝えしています。

13866859_1087473274672416_102498556_n

こちらは、レッスンをスタートさせる前に、まずは、新郎新婦さまに

何故、結婚式の前に、このようなレッスンが必要なのか?…を、お伝えしているシーン

人は、行動に移すときに、まず、頭(理論)で、理解する必要があるといいます。



そして、受講生の皆さんが、「なるほど!」と、思われたとき

花嫁レッスンのコンテンツが、しっかりと、当日に、活かされると思うのです。

お手をどうぞ…と、優しく、花嫁さまをエスコートするシーン

重ねた手のカタチ、そして、おふたりの歩く際の距離の取り方

ウエディングキスの際
新郎さまが、触れる花嫁の両腕、その手の位置にも、ベストはあるのです。

指輪の交換
花嫁さまの手がむくんでいることが多い
その時のための対処法

ご祝辞をいただく際、おふたりは
お体の向きを、是非、ゲストの方に・・・

最高に、美しいお辞儀・・・などなど

13874752_1087473271339083_1773849022_n花嫁レッスンでは、30数種のコンテンツで新郎新婦さまのご不安を取り除いてます。

ほぼ、不安0になるはずです。

 

美しい花嫁さま
素敵な新郎さま

「じゃなくても、別にいいわ~」という新郎新婦さまは、おられないですよね?

 

決して、人格が変わって見えるほど
所作は、こうあるべき!
そんな想いではないのです。

むしろ、お二人らしさを大事に思っています。

 

ただ、真面目な話、挙式でも披露宴でも、初めて行っていただく動作がすごく多い!
だから、緊張する
緊張なさると
本来のおふたりらしさが感じられないのです。

だから、結婚式だからこそ
事前のリハーサルが必要なのです。

 

後から、後悔する人も多いと聞きます。

ドレス選びも
お料理も
引き出物も
BGMも
装花も
どれも、大事ですが
主役のお二人の感謝の気持ち
おもてなしの心
お二人から、ちゃんと、伝わるような
ゆとりを生むレッスンも、私たちは、あってもいいと思うのです。

いかがでしょうか・・・

 

 


DAIGOさんとジローラモさんの違い~女子がときめく モテ男エスコート~

ドレスを着た私のエスコートは、やっぱりジローラモさんみたいにしてもらいたい 😆 、
と思ったお話です(笑)

先日見た 朝の情報番組でのこと
DAIGOさんと北川景子さんの結婚会見に関する話題について取り上げていました。

昨今の芸能界では、結婚の報告をブログでしたり、マスコミ宛にFAXを送るだけで済ませたり、
(仲間うちにさえ 結婚した事実を伝えていなかったり…(−_−;))
という方々が多い中、珍しく金屏風の前で お二人並んで会見。
この会見を行なったことで、お二人ともに一般の方々からの印象がグーンと高まったようですね!
私もお二人の会見を拝見しながら、お二人のお人柄や育ちの良さを感じ、ファンになりました(#^^#)

この日の番組では、街頭の方々にお二人の会見での様子を通しで見てもらいながら
場面場面での反応をウォッチングしていく、というもの。

結婚披露宴の準備に関する記者質問への回答で
「(わたしは)何をすればよいですか?」
とDAIGOさんの方を見ながら話す北川さんに対し
「ただ僕のそばにいてくれるだけでいい」
と答えたDAIGOさん!
この瞬間は、彼の男気あふれる様子に胸が躍った方が多かったようですね!

そして、もう一つ反応が高かった場面がエスコート場面
会見場に作られたステージに上がるとき、
段差を上がる北川さんを気遣い
彼女の手をさっとつかんでエスコート!

 エスコート

 

これには

「かっこいい!」

「好印象!」

「優しさがにじみ出ている」

など、街頭ウォッチャー女子のハートをわしづかみにしていました♡

 

日本人の男性は、女性をエスコートすることに不慣れ
女性を気遣うことよりも、恥ずかしい気持ちの方が勝ってしまうのですね。

ですから、街頭ウォッチャーさんの
「(北川さんのことが)大切だということが伝わる」
という一言に象徴されるように、

自分がどうみられるかということよりも、

お相手を気遣うことを優先する男性

 ⇒ 印象アップ

となるわけです

こうした行動が自然にできるDAIGOさんは、やはり素晴らしい☆彡
本当に好青年ですね

ただ、このエスコート場面
う~ん、残念!あともうちょっとで100点満点だったのに…
と思ったところがあったのです。

ちょうどその番組を見た日に集まった花嫁レッスン講師仲間6人。
その6人全員が、
「あそこは残念だったよねー((+_+))」
と、口々に言っており、気づいておりました。

何が残念か

ここです ↓



 

 

 

まず、北川さんの手首がダラリ~ン…
嬉しい会見なのに、元気がない印象です。

そして、一番の残念ポイントは、手首を掴んでしまったこと。
実は、このように

手首を掴まれてしまうと、高いヒールで段差を歩くのには安定しません
そういう観点においても、このエスコートは残念ながら100点とは言えません(>_<)

正解はこちらです

  ↓



 

 

 

ポイントは

(1)男性の手が下側、女性の手が上側

(2)指の付け根の骨から指先までを重ねるように 少し浅めに

(3)男性も女性も、脇が開いてしまわない距離感

(4)女性の肘の高さに合わせる

 

以上の4つのポイントに気を付けてエスコートができるようになれば
見た目もかっこいいですが、
何よりエスコートされる女性もしっかりと支えられ、 安定感が増します!
確実にワンランク上級のエスコートになりますよ

エスコートされる女性も、手首を下側にダラリと曲げてはいけません。

指の付け根から指先だけ!この部分だけを曲げるように意識するとお手元が綺麗ですよ(^_-)-☆

ちなみにこちらのお手元は、あのチョイ悪おやじのモテ男代表
パンツェッタ=ジローラモさんと、モデルの佐藤江梨子さん。
さすがは艶男代表のジローラモさんも、佐藤さんも、完璧なお手本です!(^^)!

エスコート習慣のない日本の男性は、特にウェディングシーンでの
振る舞いが今ひとつです…

結婚式やウェディングパーティでは、ロングドレスに高いヒールをお召しの
花嫁様をエスコートします。

ですから、新郎様。
イタリア人のジローラモさんと同じように 外国紳士になりきっての
エスコートも、ご自分が思っている以上に恥ずかしい絵ではありませんよ(^_-)-☆

思い切って演じてみてください(笑)
ぜひ、参考になさってみてくださいね ♪

 

花嫁レッスン講師 笹木純子でした。


【結婚式豆知識】白無垢選びで重要な3つの判断基準 

打掛、掛下、帯や小物に至るまで、全て 白で統一される白無垢は、デザインが豊富なウェディングドレスと異なり、どれも同じに見えてしまうという花嫁様のお声をよく耳にします。

着物という素晴らしい文化を持ちながら、着物を身に着ける機会が少ない花嫁様世代にとっては、そのように思われるのも致し方のないことです。

しかし、白無垢もウェディングドレスと同じように、よく見てみればひとつひとつの表情が異なります。それゆえ、お似合いになるものと、そうでないものがありますよ。

 

 白無垢選びにおいて重要となるのは

1.生地

2.柄

3.ふき

の3つです。

 ひとつずつ、解説していきます。

 

【1】生地
 主には、正絹と化学繊維に分けられます。
(交織と言って、正絹と化学繊維が交ざりあったものもありますが)
 正絹(しょうけん)とは、天然シルク100%の生地。色合いは 薄いベージュがかった白、いわゆる生成色をしています。
 とても上品な光沢と、体なじみの良いしなやかな柔らかさが 特徴です。
 一方、化学繊維は正絹に比べて生地が固め。そのごわつきから 着崩れを起こしやすいとされます。
 また静電気を起こしやすく、 纏わりつきやすいため、裾捌きが難しくなります。
 更には化繊は漂白したような真っ白な色合いとなるため、上質な雰囲気を醸し出すには限度があります。
 そのため、どうしてもチープな印象になってしまいがち。
 ただ、一方でその真っ白な色合いを好む方も多く、正絹と比べてお値段がリーズナブルなのも人気の理由です。
 挙式で長時間お召しになるなら着崩れしない正絹を。 お写真だけを残されるなら化繊をといった選び方も良いでしょう。
 ただし、屋外でのロケーション撮影の場合は要注意日光の下で撮影したり、着用時間が長時間となったり、
 歩いて移動したりすることの多いのがロケーション撮影です。

 ロケーション撮影で白無垢をお召しになるなら、着崩れをしにくく、なおかつ、お写真の仕上がりが優しい雰囲気になりやすい正絹の方が断然お薦めです。

 いずれにしても、ご試着時に撮ったお写真の顔映りは ぜひチェックして頂きたいものです。

 

【2】柄

 柄には鶴や鳳凰、松竹梅など、縁起の良い柄が多く使われています。
 緞子(どんす)など織で模様をほどこしたものもあれば、浮き上がったようなハッキリとした模様が特徴の刺繍柄も あります。
 柄は、洋服選びと同じように好みでお選びになると良いでしょう。
 また、普段お召しのお洋服では、大柄のものと小柄のもののどちらがお似合いになるでしょうか。
 それを基準に、柄の大きさでお選びになるのも失敗が少ないですよ。
 なお、ついつい正面から見た雰囲気ばかりで衣裳を選びがちですが、白無垢の柄は背中の柄がメインです。
 (神前式で参列者がみる花嫁様のお姿は、ほぼ背中です)
 衣裳選びの時には、必ず背面のお写真も撮影しましょう。
 ちなみに。柄をお写真にハッキリと残したいならば、化繊よりもテカリの少ない正絹生地の白無垢を お選びになった方が良いですよ。ご参考まで。

 

【3】ふき

 ふきとは、裏地部分が表にまで見えている部分のこと。袖口や裾、比翼などで、ふとんのように見える部分がありますね?
 それが、ふきです。

 多くの白無垢はふき部分も白色ですが、中にはふき部分だけが赤い色の白無垢もあります。これを、「赤ふき」と呼びます。
 「もっと艶やかに白無垢を着こなしたい」、
 「他の人とは違う装いをしたい」
 など、オシャレに敏感な花嫁様にお薦めです。
 紅白のコントラストは縁起が良いだけでなく、顔映りを よくする効果もあります。
 また、この白無垢に使われる赤にはどんな意味があるのか、というご質問も多いです。
 単におしゃれ感覚だという方も多いですが、魔除けのためだという説が最も広く知られている意味です。
 神社の鳥居に朱赤が使われるように、 赤色(朱色)は魔力に打ち勝ち、災いを防ぐ意味があると言われているそうです。
  おしゃれの意味合いの強い赤ふきですが、こうした色の持つ意味で選んでみるのもおススメです。

 

いかがでしたでしょうか。ウェディングドレス選びと同じくらい、白無垢選びが楽しくなれば幸いです。
なお、こちらの記事では白無垢の基礎知識について解説しています。よろしければ合わせてお読みください。

【結婚式豆知識】 婚礼衣裳の最上格 白無垢

 


【結婚式豆知識】婚礼衣裳の最上格 白無垢

読者の皆様は、普段お着物をお召しなることがお有りですか。

日頃は着物とは縁遠い方も、人生の節目においてはお召しになったことがある方も多いでしょう。

赤ちゃんが産まれて間もないお宮参りに始まり、七五三、成人式、卒業式など。

私たち日本人にとって、人生の節目と民族衣装である着物は切っても切れない関係です。

 今日はそのお着物の中でも、婚礼和装に関する豆知識をご紹介いたします。

 

花嫁の和装には、白無垢、色打掛、本振袖などがあります。

中でも、最も格が高い正礼装とされているのが 「白無垢」

色打掛や本振袖は披露宴でも着ることができますが、白無垢は本来、挙式でのみ着ることを許される婚礼和装です。

とはいえ、昨今では披露宴でお召しになったり、お写真だけ残されたりする花嫁様も見受けられるようになってきましたが…。

 

白無垢は、打掛、掛下、帯や小物に至るまで、全て 白で統一するのが特徴です。

この白には「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味があります。

また、古来から喪の色であった白を全身にまとうことから

「一度嫁いだら、どんなことがあっても命が途絶えるまで生家に戻ることはできない」

という、強い覚悟を表したという言い伝えもあります。

いずれにしても、生涯を夫と共に添い遂げる固い決意を表現するものとして、白い衣裳を装って挙式に臨む ということには変わりはないようです。

 

そんな白無垢ですが、どれも同じとは思っていませんか。

決してそんなことはありません。

今から白無垢を選ぶ、という方。衣裳をお選びになる際、見ていただきたいポイントについてご紹介していますので、ぜひこちらの記事もお読みになってみてください。⇒ 白無垢選びで重要な3つの判断基準

2016-08-01
東京・青山サロンへのアクセスのご案内

ブライトブライズの青山サロンへの道順をお知らせします♪

最寄り駅は半蔵門線・銀座線・都営大江戸線 「青山一丁目」

「5番出口」を目指してください。

    ↓ここが、5番出口となります。

 ちなみに、この画像の左隣にホンダ本社があります。

image (48)

5番出口からは、すぐです(^-^;

ホンダの逆方向に、進んでください。

歩道に出たら、右側へ歩きます。

角に、コンビニ(ポプラ)が入っているビルが

ウィン青山で、到着でございます。

image (49)image (50)
コンビニの角を右の方に歩いていただくと、入口がございます。

エスカレーターをご利用ください。

(2階がエントランスになっています)

image (51)

2階より、エレベーターで、7階へ、どうぞ! 

742号室で、お待ち致しております♪

 

 

 

 


ブライトブライズ梅田サロンへのアクセスのご案内

map
 

 

 

 

 

 

第1ビル→第2ビル→第3ビル【梅新の交差点】→【梅新東の交差点】到着

 

ブライトブライズ梅田サロンへのアクセスをご案内いたします。

【東梅田からのアクセス】

地下鉄谷町線 「東梅田駅」 7番出口を上がって左へ歩く

梅新の交差点まで進んで下さい。

(梅新の交差点➡ガラス張りの大きなビル1Fがイタリアンのサルバトーレ)

梅新の交差点を渡らず、左折し、梅新東の交差点まで進んで下さい(スグです)

梅新東の交差点手前角の黒いビルに梅田サロンはあります。

エレベーターにて、6階へ 603号室 でございます。

【北新地からのアクセス】

駅前第3ビルの方に進んで下さい。

第3ビル内で「梅新方面」の案内に従って進んで下さい。

梅新の交差点からは、上記と同じように、お越しください。

【住所】

大阪市北区曽根崎2-1 国道ビルラ・オカシオン603

time
 

 

 

魔法のレッスンで手に入れよう! キレイ、安心、そして感動。

花嫁レッスンに関するお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡ください。

東京
03-5413-5806
大阪
06-6702-6364
お問い合わせ・ご相談
Contact us