プロのノウハウ

2013-04-25
【結婚式豆知識】ベールの役割

花嫁様の衣裳が決まると、今度は小物選びがあります。

小物には、ヘッドドレスやグローブなど、様々なものがありますが

挙式の時に欠かせない小物がウェディングベール

 

このウェディングベール、いったいどんな意味があるか、ご存知ですか?

 

ウェディングベールは、古代から純潔のしるしとして、悪霊から身を守るアイテム

として使われていました。

 

古代ギリシャや古代ローマの花嫁は、結婚の神への忠誠を示す黄色のベールや

魔除けの効果があるとされていた赤いベールをまとい、

初期キリスト教徒の花嫁は清浄と祝賀を表す白や聖母マリアを象徴する

ブルーのベールをつけて挙式に臨んだそうです。

 

キリスト教式で新郎の手によりフェイスベールがあげられるのは、

新婦が父親の保護下を離れ、新郎の妻として姿を現すことの象徴。

これは、女性は夫や親族以外の男性に顔を見せないというしきたりが元となっています。

 

新郎による新婦のベールオープンは、二人を遮るものが取り払われ一つになる時。

つまり、真のお嫁入りの瞬間と言われています。

 

新郎さま、どうぞ映画のワンシーンのように

優しく、丁寧に、ベールを上げて差し上げてくださいね。

魔法のレッスンで手に入れよう! キレイ、安心、そして感動。

花嫁レッスンに関するお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡ください。

東京
03-5413-5806
大阪
06-6702-6364
お問い合わせ・ご相談
Contact us