プロのノウハウ

2018-03-17
ブライダルカメラマンが残念に思う7つのこと

少しずつ春の気配が感じられるようになりましたね。

 

先日、ブライダル写真やムービーを撮られているカメラマンさんとお話をする機会があり、

「ここに気をつけたらもっと良い写真になるのにな~」と、日頃残念に感じておられることをたくさん聞き出すことに成功!

皆さまとシェアしたいと思います。

ほとんど、花嫁レッスンでお教えしている内容でしたが( ´艸`)

是非、参考にされてみてくださいね。



 

1.新郎様、入場の歩くスピードが早すぎる
 

ご結婚式のスタート。

先ず始めに、新郎様がお一人でご入場されるパターンの方が多いと思うのですが、新郎様、とにかく歩くスピードが早い!

超ロングのバージンロードでないかぎり、スタスタと早歩きで歩かれると、一瞬で過ぎてしまいますよ(>_<)

注目されるので、緊張もあるかと思いますが、思っているよりも、かなりゆっくり歩きましょう。

それには良い姿勢が必須です。

しっかり伸びた良い姿勢で、目線は真っ直ぐ1点集中。

照れ隠しで下を見ようものなら、猫背気味で、なんだか自信のなさそうな頼りないイメージのお写真が出来てしまいます。

表情は、怖い顔にならないように、少し口角を挙げて、キリッとした表情を意識なさると素敵です。



 

 
2.ブーケの持ち方
 

花嫁様、ブーケを持つ位置で、スタイルが良く見えたり悪く見えたりすること、ご存知ですか?

胸元の前でブーケを持つ方がとても多いのですが、それでは残念!

正解は、手が骨盤に当たる位置で持つこと。

ブーケを持った時、体と腕の間に、ひし形 ◇ の隙間ができることが重要です。

この隙間が出来ることで、ドレス専用の下着で作ったクビレを強調することが出来て、スタイルアップ効果があります。

また、胸元の前でブーケを持つと、せっかく選ばれたドレスのデザインを隠してしまうことに。

ドレスは胸元にデザインが集中しているものが多いですから、お写真が出来上がった時に、全部、ブーケで見えなくなってしまうと残念ですから、気をつけてみてくださいね。

 

 



3.ヴェールアップの時のかがみ方
 

ヴェールアップは、ご結婚式の中でもクライマックスとも言える大切なシーンですね。

カメラマンさんは、かがみ方が非常に気になられるそうです。

真横から撮られますから、かがんだ時の姿勢(頭が丸め込むと美しくないので注意!)、どちらの足を出すかなど、ちょっとしたことでお写真に歴然の差が出ます。

是非こちらを参考になさってみてください。

http://bright-brides.jp/about/chapel.html

映画のワンシーンのようなヴェールアップが出来ますよ♡



 

 
4.ウエディングキスの頭の傾け方
 

「ウエディングキスをする時どっちに頭をかたむけよう?」って、事前に考える方は少ないかもしれません。

でも、ここもカメラマンさんがかなり気にされるポイントです。

頬か口にキスをする場合、新郎様に頭を傾けていただきたいのですが、向きは、後頭部が祭壇側です。

間違っても、後頭部がゲストの方へ向かないように!

ゲスト側に後頭部が向いてしまうと、花嫁様のお顔がほぼ隠れてしまい、新郎様の頭がメインのお写真が残ってしまいます・・

③のリンクから、ヴェールアップからキスの流れを、動画で確認なさってみてくださいね。


 

 

 
5.乾杯の際の新婦の手の上げ方
 

カメラマンさんが、「あちゃ~(>_<)」と思われるのは、元気よくグラスを思いっきり上げた時の脇!丸見えになってますよ(>_<)

グラスを持っていない方の手も目立つようです。

乾杯のスピーチを聞かれる時は、グラスを受けるように添えていてもOKですが、乾杯して口を付ける時には添えた手は外しましょう。

そしてやはり、空いた手は下ろして肘を伸ばさず、②のブーケの持ち方でお伝えしたとおり、ひし形 ◇ を意識してみてください。

こちらを是非参考になさってくださいね。

http://bright-brides.jp/about/reception.html


 

 

 
6.お辞儀の際の新婦の胸元
 

ご結婚式、ご披露宴、ともに、お辞儀をするシーンがたくさんあります。

感謝のお気持ちのこもったお辞儀を行っていただきたいのですが、丁寧にしようとするあまり、深々と頭を下げた新婦様の胸元がけっこう危険!

カメラマンさんは、目のやり場に困るようですよ(>_<)

カメラマンさんだけではなく、目上の方や、ご親戚も、同様かもしれません。

ビスチェタイプやデコルテがたっぷり開いたドレスでは、注意が必要です。

深々と頭を下げるのは新郎様にお任せして、花嫁様は浅くで良いのです。

その分お顔が見えるので、笑顔担当で♪

隣の新郎様が下がってきたら軽く下げて、上がってきて横に並んだタイミングで、花嫁様も上がります。

タイミングはhttp://bright-brides.jp/about/reception.htmlを参考に。


 

 

 
7.(番外編)ケーキカットの時、おふたりを囲んだゲストの胸元や足元が危険
 

おそらくこれは、カメラマンさんしか気づかれないことかもしれません。

ケーキカットの最中、新郎新婦様は、ご自分達の方へ向いているたくさんのカメラのレンズに集中していますし、ゲストの皆様は、ケーキカットをしているお二人に集中しています。

ですがカメラマンさんは、お二人のアップだけではなく、ゲストを含めた全体のお写真や映像も撮影されますから、けっこう、目立つようですよ!

お二人の写真を撮ろうと、ケーキの周りを囲みますよね?

大勢の場合は、前列にいる方は、後ろの方への配慮でしゃがみますね。

ケーキカットが始まると、写真を撮ることに意識が向いて、しゃがんでいる胸元や足元がキケンだそうです(>_<)

足元にはハンカチやナフキンをかけるなどして、少し気を配ってみてくださいね。

 

 

 

花嫁レッスン講師 熊谷マリアがお届けしました。

魔法のレッスンで手に入れよう! キレイ、安心、そして感動。

花嫁レッスンに関するお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡ください。

東京
03-5413-5806
大阪
06-6702-6364
お問い合わせ・ご相談
Contact us