プロのノウハウ

2017-02-10
新郎新婦でのウォーキングレッスンが必要な訳とは?

花嫁レッスンのHPへようこそ!

花嫁レッスン講師の熊谷マリアです。

 

先日、大阪・梅田にございますブライトブライズのサロンにて開催されました花嫁レッスン♪

IMG_6578
 

新郎様にエスコートしていただきながら、美しく歩く練習中です。

 

先ず、新郎様に、「お一人で歩いてみてください」とお伝えすると、ほとんどの新郎様、とっても早い!のです。
早い…というより、普段、街中を歩く一般的なスピードなのですが
そのままでは、ご結婚式&ご披露宴では、早過ぎるのですね。

 

「ゆっくり歩いてください」とお伝えすると、ぎこちなくなられる方が多いです。
そりゃそうなんです。
普段、良い姿勢を意識しながらゆっくり歩くなんてこと、ないですものね。
でも、ご結婚式のご入場の際、先ず新郎様がお一人でご入場なさる方がほとんどかと思います。

お式のスタート!お式全体の雰囲気を決定付けるとも言える、とても大切な場面です。

 

あるブライダル関係のスタッフ様(男性の方)から伺った真実とは?
「男って緊張して、その緊張をごまかそうとして、へらへらしたり
おちゃらけるんですよ。
でも、そのムービーや写真を後から見たら、絶対後悔します!」

実は、私も、そんな風に感じたシーンに遭遇したことが何度もあります。
これは、性別に関係なく“照れ隠し”なんですよね(苦笑)

 

普段のお二人の楽しく和やかな雰囲気は、ご披露宴まで取っておきませんか?

ご結婚式は、“二人で一緒に生きていこう”という
誓いのお気持ちが伝わるような、厳かな雰囲気をイメージなさってみてください。

とっても、素敵ですよ!

 

そしてもちろん、新郎様にエスコートしていただきながら、お二人で歩かれる際も
新郎様には、“ゆっくり”を心がけていただきたいのです。

新郎様のタキシードは、普段お召しのスーツと、さほど変わりません。
ですが、花嫁様のドレスは、とても重くて想像以上に歩きにくいのです。
10cm以上の高いヒールのお靴を履かれる花嫁様は、さらに歩きにくい!

 

私はモデルの経験があるのですが、ブライダルショーで何度も
ドレスを着させていただきました。
ボリュームのあるドレスほど、歩きにくく、そしてトレーンを引きずるようなドレスは
クルンとターンするところもコツが必要です。

結婚式はショーではありませんので格好良くターンする必要はないのですが
ご結婚式やご披露宴では、クルンと振り向いていただく場面が、何度か出てきますよ!

今回のレッスンでは、おふたりのご要望もありウォーキングをたくさん練習致しました。

 

1.2回ご試着をされただけで、ご結婚式当日をお迎えになるのは
とてもご不安ではないかと思います。
花嫁様の憧れのウエディングドレス
ぜひ“優雅に素敵な身のこなし”をなさってください♥

どうすればいいか…と申しますと
素敵な身のこなしや歩き方を花嫁レッスンで、しっかり練習をしませんか?
きっと、結婚式のあとにも、お役に立つことでしょう。
【重要なポイント】新郎様は、花嫁様に合わせて、ゆっくりゆっくり歩くべし
新郎様が、花嫁様のドレスを踏んでしまって、花嫁様のドレスが下がってしまったり
はたまた花嫁様がつまずきそうになられている場面、ゲストの方々はヒヤヒヤされてしまうかも(^_^;)
ドレスを踏まないように歩いていただくコツもあるのですが
それは…
写真のお二人のように、少し距離を取っていただくこと!!!

これ、みなさん、本当にできません。
花嫁様が新郎様の腕に頼り過ぎのケースが多い!
当然ながら、深く腕をかけると、安心度は増すかもしれませんが
おふたりの距離が近くなり過ぎ、結果、歩きにくい。危ない…となることを
多くのカップルさんに知ってほしいのです。

花嫁レッスンでしっかりアドバイスいたしますので
是非、受講を検討していただけたらと思います。

結婚式当日、丁寧なリハーサル時間は取れないでしょう。
短時間のリハーサルで、スムースに美しく振る舞える方は少ないはず
だったら、事前の丁寧なレッスンが必要では?
そんな想いで「花嫁レッスン」をご提案しています。

 

 

 

 

魔法のレッスンで手に入れよう! キレイ、安心、そして感動。

花嫁レッスンに関するお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡ください。

東京
03-5413-5806
大阪
06-6702-6364
お問い合わせ・ご相談
Contact us